今お持ちのお悩みをお聞かせください。
今お持ちのお悩みをお聞かせください。

矯正

噛み合わせの重要性

矯正治療で歯並びを良くすることは、もちろん見た目を美しくして自信のある笑顔を取り戻すということもありますが、実はそれ以上に大切なのが機能面です。

歯並びが悪いと歯磨きなどの手入れが行き届かず、むし歯や歯周病のリスクが高まります。さらに、噛み合わせが悪いことで一部の歯に過剰な力が加わることになり、骨が小さくなったり歯が抜けやすくなったりすることがあります。このような症状はすぐに現れないため、少しずつ進行して、40代・50代に急に歯を失い、早期に入れ歯の必要性が出てくることになってしまいます。

歯は、本来全ての形に意味があり、噛む・話す・顎の位置を調整するといった多くの機能と関わっています。いつまでも美味しい食事を楽しむためにも、そして将来の治療の負担を減らすためにも、早めに歯並びを治すようにしましょう。矯正治療は、20代から60代まで幅広い年齢層の患者さんが実施しており、健康で美しい歯を手に入れています。

歯を抜かないワイヤー矯正

いわゆる一般的な矯正は、歯にブラケットと呼ばれる矯正装置を取り付け、ワイヤーでそれを引っ張ることで歯を移動させていきます。ただし、そもそも歯が並ぶための十分なスペースがない場合もあり、多くの医院では歯を移動させる前に一部の歯を抜いて本数を減らします。
しかし、歯の本数を減らすと歯列が狭くなって会話や口呼吸に影響を及ぼすことがあり、さらに矯正治療で抜く歯(4番目の歯)は、正しい噛み合わせ位置を調整するために重要な機能を担っていると考えられています。この歯がなくなると、顎関節症を引き起こすリスクが高まる可能性もあるのです。

当院では、見た目はもちろんのこと、機能面を重視した矯正治療をおこなっているため、基本的には歯を抜かずに矯正治療を進めていきます。
なお、目立たない透明や白色の矯正装置も取り扱っていますので、見た目をなるべく気にすることなく矯正治療をおこないたいという方も、是非ご相談ください。

将来のために顎を広げる、子供のための矯正

顎のサイズが小さいと、歯がきちんと並ぶことができないため、歯並びが悪くなるリスクが高まります。
実際、現代の日本人は、柔らかい食べ物が増えてきたことで永久歯が並ぶのに十分な大きさの顎を持つ子供は減ってきているようです(乳歯が隙間なくきれいに並んでいる場合は、永久歯に生え替わった時にスペースが足りません)。
そこで、小学生くらいの顎が成長している時期に、取り外し式の装置をお口の中に装着して、顎を広げていく「床矯正」があります。お子さんの将来のためにも、早めに歯並びを良くするための処置を実施するようにしましょう。

松下歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら
松下歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら
症例のご紹介 ホワイトニング 矯正歯科 インプラント 入れ歯・ブリッジ 白い詰め物・被せ物 松下歯科クリニック
症例のご紹介 インプラント 入れ歯・ブリッジ ホワイトニング 白い詰め物・被せ物 矯正歯科 松下歯科クリニック