今お持ちのお悩みをお聞かせください。
今お持ちのお悩みをお聞かせください。

白い詰め物・被せ物

白い詰め物・被せ物で、本当の笑顔を取り戻しましょう

歯を削る治療をした後は、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を装着することになります。
これらの素材は様々で、金属製で目立つものもあれば、白くて治療したと分からないくらいきれいに仕上がるものもあります。治療した後の銀歯が気になって、笑顔が出なくなったり自信を持てなくなったりしてしまうと、それは本当の意味で健康な状態になったとは言えません。

心からの笑顔を取り戻すためにも、白くて美しい歯に替えてみませんか。

詰め物・被せ物の素材

銀歯(保険適用)

見た目が気になりやすく、金属アレルギーのリスクもあります。
・見た目 ☆
・耐久性 ☆☆

・金額 2,000円〜3,000円前後

金歯(自費)

柔らかく、歯との隙間なくピッタリとはめ込むことができます。
・見た目 ☆
・耐久性 ☆☆☆☆☆

・金額 45,000円~70,000前後

ハイブリッドセラミック(自費)

セラミックとプラスチックを混ぜた材料です。セラミックよりも柔らかいため他の歯にダメージを与えにくい一方で、変色しやすいという特徴があります。
・見た目 ☆☆☆☆
・耐久性 ☆☆☆

・金額 35,000円

ジルコニア(自費)

人工ダイヤモンドとも言われており、かなり硬くて丈夫です。色は白いですが、透明感がなく、やや光沢があります。
・見た目 ☆☆☆
・耐久性 ☆☆☆☆☆

・金額 38,000円

メタルセラミック(自費)

中は金属、外はセラミックで作られているため、歯に馴染みやすい一方で金属アレルギーのリスクがあります。
・見た目 ☆☆☆☆
・耐久性 ☆☆☆

・金額 95,000円

オールセラミック(自費)

セラミックのみで作られており、自然な色合いを再現できます。以前は壊れやすいというデメリットがありましたが、近年はかなり丈夫なものが出てきました。
・見た目 ☆☆☆☆☆
・耐久性 ☆☆☆☆

・金額 80,000~120,000円

精密に製作するために

詰め物や被せ物を保険診療で製作する際には、セメントを使って歯に接着することになります。
このセメントは、唾液で溶け出すという特徴があるため、数年経つと歯と詰め物・被せ物の間に隙間ができて、そこから菌に侵されることがあります。
実際に、銀歯を外すと、中でむし歯ができていることは珍しくありません。このようなことは、セメントの溶解だけでなく、製作精度が低い場合にも起こり得るため、当院では精密な製作をするために、信頼できる技工所のみに依頼をしており、治療時の作り直しもできるだけ発生しないようにしています。
お口の中の銀歯が気になる方や、これから治療をするにあたって目立たないようにしたいという方は、是非当院へご相談にいらして頂ければと思います。

松下歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら
松下歯科クリニック メールでのお問い合わせはこちら
症例のご紹介 ホワイトニング 矯正歯科 インプラント 入れ歯・ブリッジ 白い詰め物・被せ物 松下歯科クリニック
症例のご紹介 インプラント 入れ歯・ブリッジ ホワイトニング 白い詰め物・被せ物 矯正歯科 松下歯科クリニック